by OHIZUMIBUSSAN

KAY BOJESEN(1886-1958)

カイ・ボイスン

デンマーク美術工芸のパイオニア

Kay Bojesenは1886年生まれのデンマーク人。 20歳の頃から4年間にわたりGeorg Jensen(ジョージ・ジェンセン)で働いたのち、コペンハーゲンで銀細工師としての道を歩み始めました。 銀細工師である彼が“美術工芸のパイオニア”としての地位を確立させたのは、Monkey(サル)、Elephant(ゾウ)などで有名な木製玩具です。 もともと銀細工師である彼は、それらが誕生する10年以上も前にカトラリーシリーズを造り上げていました。
もともとシルバーカトラリーとしてデザインされたこのシリーズは、デンマークの戦時状況下、カトラリーの素材である銀の供給が難しくなった為、当初でも工業デザイン商品の素材としては珍しい「ステンレス」を用いてシルバーカトラリーをもとにデザインされました。このステンレスカトラリーが世界に名を馳せたのは1951年のミラノの国際的なコンテストでのことです。最優秀賞に選ばれた彼のカトラリーはこのときGrand Prixと名付けられました。
発売から50年以上、品質の良さと、人を魅了するシンプルなデザインはデンマークの王室御用達として、各国のデンマーク大使館で、そしてデンマークの人達にだけでなく、北欧をはじめ世界各国で多くの人々に愛され続けているカイ・ボイスンのカトラリーです。

KAY BOJESEN
×
OHIZUMIBUSSAN

カイ・ボイスンと
大泉物産との関わり〜Made in TSUBAME〜

カイ・ボイスン。その名は彼の母国デンマークはもちろん、いまや世界中で愛され、親しまれています。彼の名前は、当初、木製人形などの手作り作品を通して知られています。
その彼がスプーン、フォーク、ナイフのカトラリーセットをデザインしたのが1938年。1951年にイタリで開催されたミラノ芸術展にてグランプリを獲得した彼のカトラリーはこの時Grand Prixと名付けられました。
製品が発売されるや、デンマーク中で大きな反響を呼び起こすこととなりました。品質の確かさ、人を魅了する美しいデザインは発売開始より50年を過ぎたいまも色あせることなく、デンマーク王室御用達として、そして世界各国のデンマーク大使館において、変わらず愛用され続けています。こうした彼の功績を称え、1991年5月22日には、王室御用達品のカトラリーが記念切手となって発行されることとなりました。日本での製造を依頼されたのもまさにこの年、1991年。それからステンレスカトラリーは新潟県燕市の弊社工場で製造され、全世界で愛用されております。
デンマークが世界に誇るロングセラーのブランド「カイ・ボイスン」のカトラリー。王室が、大使館が、そして世界の人々の眼が選んだ究極のカトラリーを、ぜひあなた自身の眼でお確かめください。

KAY BOJESEN stainless cutlery

<ロゴマークについて>

2011年カイ・ボイスンの生誕125周年を記念し、ブランドロゴがリニューアルされました。カイ・ボイスンのステンレスカトラリーは、世界で唯一新潟県燕市にある大泉物産で製造が行われています。このシンプルな字体のロゴマークは、日本(Japan)の確かな製造技術と125周年という意味をこめて、“ J ”の文字を125%だけ大きくデザインしています。

大泉物産WEBサイト